Facerigの導入方法

バーチャルライバーとして配信する際に
Facerigを活用することでLive2Dを動かすことができます。

この記事ではFanrigの導入方法について解説していきます。

Facerigとは?

ウェブカメラを用いることでモーションキャプチャを行い、その動きを3Dアバターへリアルタイムに反映させることができるソフトウェアです。平たく言うと男性でもかわいらしい女性の見た目になれる。というソフトです

大きく分けるとFaceRigには以下の機能があります。

  • ビデオ入力画像からの頭と表情のトラッキング
  • トラッキングデータと3D頭部モデルのリアルタイムフィッティング
  • ユーザーが用意した背景上でのライティングを含めた3D頭部モデルのリアリタイムレンダリング
  • レンダリング映像の仮想webカメラインタフェースを通じた出力

以上が統合し、webカメラで撮影した自分の表情、動きを3Dキャラクターに変換しリアルタイムで配信を行うことができます。

導入方法と使い方の資料

FacerigにLive2Dデータを取り込む際の手順

① Steamを開く

Facerigは「Steam」で購入することができます。

Steamサイト:https://store.steampowered.com/?l=japanese

② ライブラリよりFacerig上で右クリック

表示されたタブのうち「プロパティ」をクリック

③ ローカルファイルタブを開く

ローカルファイルを閲覧をクリック

④ Facerigのフォルダの中にドラック&ドロップ

フォルダ内を「Mod→VP→PC_CustomData→Objects」の順に開いていく

⑤ Objectsの中に『キャラクター名』フォルダを移動

*cmo3ファイル、psdファイルは
編集時に使うファイルのためそのままで大丈夫です。

⑥ Facerigを起動し、LAUNCHをクリック

⑦ 画面上部にあるUI+ボタンをクリック

⑨ アバターギャラリーが表示されるので、
その中にある?アイコンをクリック

以上でFaceRigに導入完了です。

画質が荒い場合

下記の方法をお試しください

①右のメニュー内にある一般オプションをクリック

②グラフィックスタブ→2Dアバターの描画クオリティーの設定を高またはUberHighに変更(UberHighが1番綺麗に見えます)

以上、Facerigの導入となります。

声の副業、バーチャルタレントへの応募はこちらからお願い致します。