ライブ配信チェックリスト(初級編)

ここではライブ配信のチェックリストとして「初級編」について解説します。

目次

  • チェックポイント
  • 始めたばかりの人が人気ライバーになるには?
  • まとめ

チェックポイント

  • ファンひとりひとりと目をあわせる
  • ファンの名前を覚えて、配信に見にきたときに積極的に名前を呼んで話しかける
  • イベント参加時には「なぜこのイベントで上位に入りたいのか」明確な目標を伝え応援してもらう

はじめたばかりの人が人気ライバーになるには?

始めたばかりの新人でも人気ライバーになることは十分に可能です。

新人が人気ライバーになるためのチェックポイントは以下の7つになります。

1.毎日配信(短い時間でも)

「リスナーは家族のようなもの」とは、イベントで入賞したライバーがインタビューの際によくいうセリフです。

実際、ライブ配信で何度もライバーとリスナーが顔を合わせることで、お互いに相手に好感を持ち、親密感が高まっていきます。

ライブ配信を始めた当初は、他のお仕事もあり忙しく配信が難しいという日があるかと思います。

そんな時も、例え30分でもいいのでライブ配信を行い、リスナーに顔を見せるのが重要です。

顔をリスナーに何度も見せることで、新しいリスナーにも出会えると共に常連のリスナーとのコミュニケーションを深め、人気ライバーへの道へと繋がります。

2.1回の配信で2時間以上

何か特別な理由がない限り、始めたばかりの配信にリスナーはなかなかきてくれません。

誰も見にこない配信に心が折れて30分とかで諦めてしまうライバーさんが非常に多いです。

しかし人が集まって安定し出すのがだいたい2時間くらいからになり、
3時間経つと盛り上がってきたりします。

諦めないで、時間の許す限り配信をしましょう!

3.キレイにうつる画角(リアルライバー)

特にリアルライバーには重要なポイントになります。

普段から自撮りになれている方であれば、ご自身が可愛く・カッコよく見える角度がわかっており、そこに合わせてスマホを設置されてます。

人により魅力的に見える角度には差があります。

正面から、横から、斜めからご自身が魅力的に見える画角を研究することが重要です。

また新人は配信画面の上のスペースが空き気味になってしまいがちです。

上のスペースがあることで素人感が出てきてしまうので、配信画面のスペースにもお気をつけください。

4.目標を持ちリスナーさんと共有する

ライブ配信アプリには新人ライバー向けのイベントがあります。

新人を目当てにライブ配信をみにくるリスナーも一定数いますので、新人ライバー向けイベントのには必ず参加しましょう。

ライブ配信中は、以下の3点を伝えることが重要です。

  • 自分が達成したい目標をわかりやすく何度も伝えて共有すること
  • その目標を達成したら、何をするのか?
  • なんのためにライバーをしてるか?

やはり目標に向かってがんばっている姿を見せることで、よりファンになって

5.適宜自己紹介をいれる

ライブ配信を続けていくとコメントが増えてきて、コメントを返すのに夢中になっていきがちです。

そうすると、今いるリスナーさんとばかり会話をしてしまうようになります。

実際のライブ配信では、常連のリスナーさんだけでなく、常に新規のリスナーさんが遊びに来ています。

しかし、常連の方ばかりと話していると、新規のリスナーは前の話がわからず居心地が良くないと感じてしまい、別の配信枠へ移動されてしまします。

それを防ぐためにも、新しいリスナーが配信枠に入ってきたときのために、
コメントをしやすいようにカメラ目線にして、自己紹介を入れていくことが重要です。

1時間の配信であれば5分に一回、せめて10分に一回は挨拶をすると、新規のリスナーがライバーのことを知るきっかけになり、コメントしやすくなるだけでなく固定のリスナーになる大きな要因になります。

6.エンタメであることを意識しすぎず意識する

ライブ配信はリスナーとコミュニケーションをとり、リスナーを楽しませるエンターテイメントです。

そのため配信をみているリスナーが楽しめるよう、最大限の配慮が必要になります。

例えばメイクをせずに配信をする、だらしのない服装で配信をする、ごちゃごちゃした生活感が映る配信をする、など見ているリスナーに不快な思いをさせる配信はNGになります。

とはいえ、それは「芸能人レベル」を求めているという意味でもまたありません。

ライバーは、芸能人のように高嶺の花すぎる存在よりももっと身近な存在としてリスナーから求められています。

リスナーが求めているのは、身近な魅力的な存在です。

要は「ありのままのあなたの魅力をちゃんと出す」ということです。

趣味に没頭して楽しそうにしているあなた。

恋人とデートに行くときのあなた。

そういった魅力をライブ配信で伝えていくことが重要です。

7.荒らしアカは気に病む前にブロック

ライブ配信はその特性上、不特定多数の人数が同時に試聴しています。

そのため、応援してくれる人もいれば、同時に「荒らし」と呼ばれる誹謗中傷をしたり、下ネタを強要したりといったコメントをするリスナーも存在しています。

中にはそれなりの金額をギフティングしてくれているリスナーさんが、ある時から急に横柄なコメントをするようになることもあります。

そんな時は、気に病む前に「ブロック」してください。

ライブ配信は、大前提としてライバーが楽しく続けられることが重要になります。
そして、ライブ配信を通じて努力している姿を見せることが、リスナーさんにとっても嬉しく価値があるものになります。

だからこそ、荒らしコメントにメンタルが傷つきライブ配信を止めてしまうことは、非常にもったいないですし、何より応援してくれている他の大多数のリスナーさんにも残念な気持ちを与えてしまいます。

何より、ライブ配信とは「ライバーだけで作る」ものではありません。
ライブ配信をみにきている「リスナーと一緒に作る」のです。

だからこそ、荒らしコメントをする人がいることで、他のリスナーさんも不快な気持ちになってしまいます。
応援してくれる大事にすべきリスナーのためにも、荒らしコメントがきた時は速攻でブロックしてください。

まとめ

ライブ配信を続けられる人は、実はそんなに多くはありません。

マルチタスクで、リスナーからのコメントに素早く適切に反応しながら、同時にトークをどう盛り上げるか、次に何をするのか、というのを考えながら配信をしています。

そしてライブ配信には不特定多数の人が訪れコメントをしますが、それはつまり「いろいろな価値観を持つ人と出会う」ということでもあります。

SNS上でも様々な価値観を持つ人があり、自分に直接向けられていない文字テキストを読むだけで感動したり不快に思うのに、ライブ配信の場合はダイレクトにリスナーからぶつけられます。

大変なこと、悔しいこと、傷ついてしまうことは、やはりあります。

しかしライブ配信はその分、本当に自分を応援してくれる人、夢に共感して支えてくれる人、ここでしか出会えない人たちと出会い人生を変え、かけがえのないものになったりもします。

叶えたい夢、実現したい目標を達成するためにもライブ配信というツールは最高のツールになります。

さらに5Gという時代の流れが、ライバーという職業を後押しし、コロナ禍によりさらに爆発的な盛り上がりを見せています。

ご自身が楽しい!やりたい!ということを配信をしていき、ぜひ楽しく続けていただきたいと考えております。

とはいえ、実際に配信をしていく中で必ず「どう配信したらいいのか?」「どうすればリスナーが増えるのか」といった悩みが出てくると思います。

そのサポートのためにこのサイト内で様々なノウハウを公開していきます。