ライブ配信アプリはそれぞれ何が違うの?比較表を掲載!

ライブ配信アプリ戦国時代とも言われる昨今、様々なライブ配信アプリがあります。タレントの特性に合わせて、最適なマッチングをしています。

オススメ配信アプリ

弊社の取り扱い配信アプリは、上記の表の中では「17LIVE(イチナナ)」「IRIAM」「REALITY」の3つになります。

この3つの配信アプリをオススメしているのには理由があります。

稼ぎやすく、日本人ユーザーが多い

17LIVEはもともに日本人のユーザーが多く、配信を重ねていくことで稼ぎやすい配信アプリになっております。

また弊社は日本初のライバー専門エージェンシーとして創業いたしましたので、17LIVEのサービスがスタートした当初から関わっております。

特に17LIVEとは、『ライバー』という言葉を生み出した創業メンバーと事業を行っており、その際のノウハウを17ライバーにはお伝えさせていただいております。

ファンを獲得しやすい

「IRIAM」「REALITY」はバーチャル体のライバー配信するという他のライブ配信アプリとはまた異なったコンテンツとなっています

リスナーの多くはYoutubeでバーチャルユーチューバーのファンをしている方が多く、よりバーチャルという文化を楽しもうと参加している方が大半となります

そのため他のアプリとはまた違った層のリスナーが集中しています

ライバー側もバーチャルユーチューバーが好きで自分もなりたい、自分もキャラクターになりたいという方が多く、スタートの時点でリスナーとライバーとの共通の部分が存在するためリスナーと距離が近くファンにしやすいという利点があります

ライブ配信で収入を得るためにも、日本人ユーザーが多く、またリスナーを応援する空気感があり、そしてギフター(ギフティングしてくれる人)の人数が多い、というのは非常に重要な要素になります。